ワキガクリームで人気が高いのは、クリアネオです。他のワキガクリームと比べると何か違う成分が入っていて、その成分がワキガに効果的なのかと思っていましたが、どうやら違うようです。

今回は、ワキガクリームとしては人気のクリアネオとノアンデの全ての成分を比べてみることで、効果の謎に迫りました。

>>成分が記載された公式サイト

クリアネオとノアンデの全成分一覧

クリアネオとノアンデの全ての成分を一覧にしてみました。両方ともワキガ対策クリームというだけあって、有効成分に関しては同じ成分が入っています。

ワキガは、アポクリン腺から出る汗にたくさんのたんぱく質が含まれていて、これをエサにする皮膚表面に存在する常在菌が繁殖するのが原因です。

これらの2つの原因対策として、2つの商品ともにイソプロピルメチルフェノールとパラフェノールスルホン酸亜鉛が配合されています。

クリアネオの成分一覧
ノアンデの成分一覧
有効成分 パラフェノールススホン酸亜鉛 フェノールスルホン酸亜鉛
イソプロピルメチルフェノール シメン-5-オール
その他の成分 架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物 架橋型ポリエーテル変性シリコーン混合物
メチルポリシロキサン プラセンタエキス-1
架橋型メチルポリシロキサン アーティチョークエキス
デカメチルシクロペンタシロキサン セイヨウナシ果汁発酵液
PEG-9 PEG-9
ポリジメチルシロキシエチル ポリジメチルシロキシエチル
ジメチオン ジメチオン
セリサイト セリサイト
メチルハイドロジェンポリシロキサン メチルハイドロジェンポリシロキサン
架橋型シリコーン 架橋型シリコーン
網状型シリコーンブロック共重合体 網状型シリコーンブロック共重合体
イソノナン酸イソトリデシル 茶エキス-1
シャクヤクエキス シャクヤクエキス
塩化ナトリウム 塩化Na
クエン酸ナトリウム クエン酸Na
エタノール エタノール
フェノキシエタノール フェノキシエタノール
1.3-ブチレングリコール ヒメフウロエキス
ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液 スターフルーツ葉エキス
カキタンニン 柿タンニン
炭酸水素ナトリウム 炭酸水素Na
炭酸ナトリウム 炭酸Na
セージエキス ヨクイニンエキス
精製水 ワレモコウエキス
ドクダミエキス アロエエキス-1
アマチャエキス ローズマリーエキス
ユキノシタエキス マロニエエキス
海藻エキス アルニカエキス
加水分解シルク液 ハマメリスエキス
ウーロン茶エキス セイヨウキズタエキス
チョウジエキス オトギリソウエキス
クララエキス(1) ブドウ葉エキス
オウバクエキス グルチルリチン酸2K
ラベンダーエキス(1) ステアロイルフィトスフィンゴシン
チャエキス(1) スフィンゴ糖脂質
クマザサエキス 天然ビタミンE
無水エタノール メントール
ハマメリスエキス 濃グリセリン
紅茶エキス 水添大豆リン脂質
クロルヒドロキシアルミニウム BG
ブドウ葉エキス ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル・オクチルドデシル)
ビワ葉エキス ジエチレントリアミン5酢酸5Na液
オトギリソウエキス 架橋型ジメチコン
カオミラエキス(1) シクロペンタシロキサン
シナノキエキス
トウキンセンカエキス
ヤグルマギクエキス
ローマカミツレエキス
アルピニアカツマダイ種子エキス
プルーン酵素分解物
ヒメフウロエキス
ダイズエキス
アマチャエキス
水溶性コラーゲン液(4)
ヒアルロン酸ナトリウム(2)
コメヌカスフィンゴ糖脂質
水素添加卵黄レシチン
卵黄リゾホスファチジルコリン
無水ケイ酸
l-メントール

ノアンデ



≫公式サイトはこちら

 

クリアネオ



ワキ臭さよなら(男性訴求)

≫公式サイトはこちら

 

ワキガを抑えるのに効果的な成分

クリアネオとノアンデの両方とも、有効成分は殺菌成分と制汗成分の2つです。

ワキガの原因はアポクリン腺から出る汗と皮脂腺から出る脂分が、皮膚上にいる常在菌によって分解されてニオイが発生します。

つまり、ワキガの対策をするためには、アポクリン腺から出る汗を抑えることと、皮膚上にいる常在菌を殺菌する必要があります。

このため、2つのワキガクリームには殺菌成分として、イソプロピルメチルフェノール、制汗成分として、パラフェノールスルホン酸亜鉛を使用しています。

クリアネオとノアンデは、ワキガ対策クリームとして人気が高い商品なので、この2つはワキガ対策には欠かせない成分と言っても過言ではありません。

ワキガ対策クリームの有効成分

  

  • イソプロピルメチルフェノール
     ⇒ アポクリン腺から出る汗を抑える成分
  •   

  • パラフェノールスルホン酸亜鉛
     ⇒ 皮膚上の生息する常在菌を殺菌する成分
  •   

    クリアネオとノアンデの殺菌成分

    クリアネオは、イソプロピルメチルフェノール。ノアンデはシメン-5-オールと別名の成分名で販売していますが、イソプロピルメチルフェノールの別名がシメン-5-オールなので入っている成分は同じです。

    イソプロピルメチルフェノールは、皮膚上の常在菌を殺菌する効果があるので、ニキビ関連の商品でアクネ菌を殺菌するために使用されていたり、水虫薬のブテナロックなどにも使用されており、ハンドソープのキレイキレイにも使わています。

    殺菌作用が強い成分ですが、皮膚アレルギーを起こしにくく、長時間効果が持続するのが特徴でワキガ以外の殺菌を必要とする商品の成分として広く使わています。

    殺菌力が強いと不安になる方も多いと思いますが、厚生労働省で種類によって、配合量の基準が決めらているので安心です。

    クリアネオとノアンデともにパッチテストをしていますが、皮膚アレルギー性の報告は無いそうです。

    イソプロピルメチルフェノールの効果

      

  • 殺菌力が強く、ハンドソープなどの多くの商品に使われている
  •   

  • 持続性が長く、皮膚に対してのアレルギー性がほとんど無い
  •   

    クリアネオとノアンデの制汗成分

    制汗成分としては、クリアネオは「パラフェノールスルホン酸亜」、ノアンデは「フェノールスルホン酸亜鉛」と表記されていますが、こちらも同じ成分です。

    パラフェノールスルホン酸亜鉛は、収れん作用と言って汗腺を細くする効果があります。長期間使用するとワキの毛穴が小さくなっているのが見えるほどなので、制汗成分として有効なのが分かります。

    汗腺を細くするというと不安に感じますが、厚生労働省認可の成分なので心配は無く、市販の制汗剤でも多く使わています。

    パラフェノールスルホン酸亜鉛は、金属塩の一種でタンパク質と混ざることで塊になり、汗腺にふたをしてくれます。

    ワキガの人は、アポクリン腺が多いので汗に多くのタンパク質と含んでいます。パラフェノールスルホン酸亜鉛を塗ることで、それらのたんぱく質が塊となって汗腺をふさいでくれるため、制汗効果を発揮します。

    パラフェノールスルホン酸亜の効果

      

  • 汗腺を細くしてくれるから制汗効果がある
  •   

  • たんぱく質と結合して汗腺にふたをする
  •   

    クリアネオの7つの植物由来成分

    2つの有効成分に加えて、クリアネオ独自に7種類の天然植物エキスを配合して、抑臭、制汗の効果を高めています。

    柿渋エキスとシャクヤクエキスは、ノアンデにも入っていますが、クリアネオはこの成分に加えてセージエキス、アマチャエキス、ユキノシタエキス、海藻エキス、ドクダミエキスを独自のバランスで配合しています。

    成分
    特徴
    柿渋エキス 柿渋は消臭、抗菌効果があり、加齢臭などの体臭関連の商品で多く使わています。
    セージエキス 抗酸化力、収れん作用があります
    アマチャエキス 保湿作用、抗老化作用があります。
    ユキノシタエキス 抗菌作用、抗炎症作用、抗酸化作用があります
    海藻エキス 脂肪分解効果、過酸化脂質の抑制作用があります。
    ドクダミエキス 抗菌作用、抗アレルギー作用、創傷治癒促進作用、抗炎症作用があります。

    副作用が出た場合は返金保証あり!

    金属アレルギー、アルコールアレルギー、敏感肌、乾燥肌などの様々な人に対してパッチテストをしてきたクリアネオですが、使ってみて肌に合わない場合は、返金保証が付いているので安心です。

    定期便だと安く購入できて、肌に合わない場合は1回目から解約できて、返金保証まで付いているので自分の肌に合うか定期便で試してみるのがオススメです。